遠距離恋愛を長続きさせる秘訣

遠距離恋愛を長続きさせる秘訣

”遠距離恋愛”と聞くとどうしても

・距離の弊害
・時間の弊害
・お金の弊害


「会いたい時に気軽にすぐ会えない」
など
ちょっとしんどい恋愛が予測されがちです。

でも私からすると
ぶっちゃけ遠距離だろうが、
車で一時間の距離だろうが、
そんなことは関係ないと思っています。

本当の恋に距離は関係ない。

すぐ近所の距離でも
「会うのは週1」という恋人も珍しくはないし、
「いくら恋人でも毎日連絡しないといけないのは義務みたいで嫌だ」という人もいます。

もちろん『四六時中ずっと一緒がいいし、即同棲して生活も一緒じゃないと落ち着かない!!』という人もいますがこれはただの寂しがり屋なだけなので、こういう場合は相手に趣味を見つけてもらえばOK。

ここで相手が趣味を見つけて、
アナタへのかまって攻撃が落ち着くどころか、興味が薄れてしまった場合は、その方とアナタは「恋」ではなく”恋愛ごっこ”をしていただけということになります。(遠距離を頑張ろうが、同棲をしようが遅かれ早かれ些細なことで別れる関係ってことね)

 

だから別れた時は悲しいけれど結果オーライ。

 

「本物の恋に距離は関係ない」の補足ですが
男女ともに人生のウェイトを恋愛にしないほうが
うまくいくしおだやかで豊かな人生を送れます。
だからそのためにも恋に距離は関係ないのです。

 

恋心は会えない時間に育つし
意識が相手から離れ、またそこに戻るからこそ
「この人といると楽しいな!」
「この人は自分に必要だ!」
「もっと一緒にいたい!」
と燃えるのです。

 

かずみん
”遠距離”って思っちゃうとしんどくなるから
遠距離と思わないことがベスト。

 

良い恋愛とはお互い今までの生活スタイルを崩さずに
プライベートを守りつつ
そこにスルッと相手がいる恋愛です。

 

恋人のために睡眠時間を削るのはたまにで十分だと思うし
友達付き合いを縮小させるのも違うし(女の子はやりがちだけど)
恋人のために行動が制限されるなんていうのもナンセンスだと思う。

 

だから「遠距離」というのは
結婚をゴールとしている恋人たちにとっては
いいことだと思う。

 

だって結婚したら
基本的には、嫌でもずっとお互い帰る家は一緒だし
二人とも同じ生活スタイルになって時間配分をすり合わせていくようになります。

 

だから遠距離のうちに
「俺はこうだ!」「私はこうよ!」っていうのを染み込ませておくと
結婚後に「俺(私)は気遣いしているのにあいつは自由にしやがって!」という衝突が少なくなります。

あとね、存分にプライベート(ひとり時間)を謳歌できる。

 

恋愛って悲しいかな、飽きがくるんです。

 

どんなに大好きな相手でも
どんなに理想の相手でも四六時中一緒にいて
やることをやっていたら飽きます。

 

どんなことでも人は慣れる生き物なので
特別が当たり前になるとそこに新鮮味は生まれません。
(だからマンネリなんて言葉があるのです)

 

じゃあどうすればいいのか???

 

かずみん
男女ともに人生のウェイトを恋愛にしない関係のほうがいい。

 

だから「遠距離だから!!」と頑張らずに
メールをこまめにするのはやめること。
(男女ともに通常通りの連絡頻度で行いましょう。)

 

会話内容は
「好きだよ」「愛してるよ」
「早く会いたいな」「次はいつ会える?」などという会話は極力控えましょう!!!!
→だって、上記のワードが出てしまったら会いたくなって会えないことに寂しくなるのは当然だし
寂しくなると遠くの恋人よりも近くの友人で寂しさを埋めようとします。(結果、浮気に走る)

 

だから寂しい結末になりそうな話題は避けましょう。

 

会う場所は男性が女性のところへ
出向くのもいいですがそれよりも中間地点や
毎回プチ旅行を計画してそこで落ち合うようにしましょう。

 

そうすることで
お互いが毎回久しぶりに会えた感動とロケーションの新鮮さ、
その地のネタで盛り上がれることでしょう。

 

遠距離だと会いに行く方はいいですが、
会いに来られる側からすると
恋人が去った後悲しくてたまらないのでその悲しさは二分割しましょうね!

 

そして男性にお願いしたいのが
遠距離の際は大ピンチに備えて
彼女に一番早く会いに行ける交通費と宿泊費(2人分)は絶対に貯金しておいて欲しいのです。

 

二人でプチ旅行ラブラブしてお互い帰路についてから
恋愛の危機が訪れた時に移動費がないのでは悔いが残りますので
そんな時にでも即動けるように準備はしておいてくださいね!

そして女性を安心させるためにも
遠距離の期限はぼんやりでも決めて女性に伝えてあげるといいかな。

 

女性が結婚適齢期ならば
なおのこと不安でしょうから、
交際半年経ってこのままも一緒にいたいと思うならば
同棲の計画を二人で立てるとかもオススメですよ!頑張ってね!

ABOUTこの記事をかいた人

恋愛トレーナー、物販プレイヤー兼コンサルタント、 セミナー講師、恋愛コンサルタント 元No.1ホステスとして、 合計40000人以上の男性との対話に加え、 1日40人とLINEやメールでのコミュニケーションを5年もの間体験。 業種を問わずあらゆる男性と接する中で得た経験を基に、 恋愛成就の為のアドバイスをしている。