女性の扱いが上手い人と下手な人の差って何?

女性の扱いが上手い人と下手な人の差って何?

女性の扱いが上手い人、下手な人の差ってなんだと思いますか?
「そもそも女性慣れしている」「顔面偏差値が高い」「スタイルがいい」「おしゃれ」「面白い」
非モテ男性からすると自分にない要素は山ほどあると思いますが、一番の差は女性と接していない時の”下準備の差”です。女性に話しかけるのが苦手な人は頭でアレコレ考えすぎて失敗を恐れているのはもちろん、接するときに出すカード自体が極端に少ないのです。

なんならカード0枚で女性に話しかけて”自分自身”を最初からカードにしてしまう人がいますが、残念ながらそれが出来るのは誰しもが知っているような超有名人のみです。だから我々のような一般人がそれをしてしまうと相手も嫌そうな顔をするし、会話も続かない。

「女性慣れ」している人というのは”人対人”の会話の前に自分たち以外の会話ネタを上手に相手にふることができます。
営業慣れしている方ならイメージしやすいと思いますが、女性慣れしている人は売りたいもの(本音)があるとしてもそれを最初に出したところでYESは導き出せません。そもそも自分(男性自身)に興味がないことを前提としているので”まずは関係づくりから入る”ということを自然にしているのです。

だからこそ普段から会話のきっかけになりそうなもの、女性が好きそうなものへのアンテナが敏感です。

女性の扱いが下手な非モテは普段から何事にも視野が狭い。
人と関わるのが苦手だから無意識に避けてしまっているのでしょうが、それではいつまでたってもボッチのままです。
「あれは自分には関係ない」「好きじゃない」「興味がない」と他者が好意で話しかけてくれたことすら無視し、聞き入れません。そのために自分が話しかける側になったときにどのタイミング、どの話題で話すかのカードすらないのです。

女性の扱いが上手な人は扱うことはもちろん扱われることも上手です。
話しかけてきた人と盛り上がることもお上手。するとどうなるかというと、話しかけるターンも話しかけられるターンも盛り上がれるので結果として仕事上でもプライベートでもモテます

他者を受け入れる姿勢が固い人はせっかく人が話しかけてきてくれてもそのチャンスすら自ら無き物にしてしまっているので仕事でもプライベートでもボッチです。

女性との関係づくりをスムーズにしたい人は多いかと思いますが、その糸口やきっかけというのはアナタが気がついていないだけで毎日いたるところにあります。
ぜひ、他者に興味を持つ。自分も当事者になる。ということから始めてみてくださいね。

かずみん
なんでも下準備が大切よ!

ABOUTこの記事をかいた人

恋愛トレーナー、 セミナー講師。元No.1ホステスとして合計40000人以上の男性との対話に加え、 1日40人とLINEやメールでのコミュニケーションを5年間体験。「デート3回目までに決めましょう」のような付け焼刃メソッドに違和感を持ち「女性の感情に寄り添った応用力のあるメソッド」「やり方より存り方、方法より思考」といった独自の信念に基づく理論で非モテ男性を『女性から誘われる男性』に作り変えることを得意としている。より詳細な情報はこちら。