”無駄にモテる男”になる方法

”無駄にモテる男”になる方法

「思想は現実化する」というナポレオン・ヒルの有名な本がありますが(ちなみに私は読んでいません)想像(思想)と体験(現実化)だと私は体験が先にないとその次への想像(思想)は生まれないと思っています。

「感動を経験していないと相手を感動させられない」とも思っていますし、人(大人)に未知なことを0から想像しろってかなり難しいことです。だからこそ私たちは恋愛ドラマ、恋愛映画、恋愛漫画、時にはA○で男女のことを学び自分が主人公になる時に備えるのではないでしょうか?

とはいえ、恋愛がドラマのようにテンプレで進めば誰も苦労はしません。
ご自身の恋愛で「ドラマだったらここで、、!!」なんては思わないでしょうが、理想と現実の差に打ちしがれた経験がある方も多いでしょう。
そうするとそれがトラウマになってしまい、どうしても恋に積極的になれなかったり「自分なんて。。」と思ってしまう。

この時の打開策ですが、ワタクシ恋愛トレーナーかずみんに会いに来てくださいませ。
これは冗談のようで結構本気なのですが、百聞は一見に如かずなんだよね。

知識を入れることと実際に体験することは 雲泥の差 です。

非モテあるあるなのが人に気に入られるためには「物凄い気遣いと相手をよいしょすることが必要」だと思っている人が多いです。些細なLINEでさえ長い長い文章になってしまい、柄でもなくカラフルな絵文字で装飾も頑張りすぎてしまうというパターン。。。

熱が入った文章ってそれはそれでいいのですが、毎回それだと相手も疲れます。文章の内容によってその熱量は変えるべきだし(相手のためにも)人の心って、ほんの些細なことでも大きく動かせます。

人がちょっとしたことで幻滅し、
二度と心を開いてくれないようにその逆もまた然りなのです。

”ちょっと”ポイントを抑える。

それだけで人は簡単にアナタのファンになってくれますよ。
ここで先日の大阪セミナーに参加してくださった方からのLINEをお見せします。

——————————————-
『ご返信が、遅くなり誠に申し訳ございません。
かずみんの空気に触れて、理想のオーラを纏えたのもつかの間、知恵熱?で寝込んでいました。

かずみんに、全力でお返事を認めばと書き起こしていたんですけど……頭がコンガラって来て
的を射た言葉が出にくくなってきたので、1度 送らせて下さいね(苦笑)

彼女が居ないと自信満々に見えて、嫌な気持ちにさせていたのなら、謝ります……ゴメンなさい。
野郎ばかりだし物怖じしていたら、セミナーに参加せず傍観者になってしまいそうだったので。。。

最近の人間関係
良くも悪くも変化がなく、僕自身明るい気持ちが少なかったし、明るくは無かったように思います。
かずみん(さん) と会えた その夜からは、目を合わせる事と目で笑いかけるコトを心掛けています。
還暦のお姉さんでも、笑い返してくれると嬉しいですし、温かい気持ちになれます。

それと 今回の収穫は、2つあります。
① かずみんの空気に触れたコト
当たり前だけど、かずみんが提唱している技術を実践しているロールモデル(コンサル卒業生)の空気感を体感出来ました。
② かずみんが、かずみんに関わった方達を『家族』だと言ってくれたこと。
家族のような、思いやりに満ちた関係の仲間を作るコトに まだ抵抗がありましたが、かずみんのその一言で吹っ切れた部分がありました。

中途半端に思いやりを与え過ぎて、自分が枯渇してしまっていたんですが、かずみんに会った日の夜の仕事で、目を合わせて微笑み掛けるだけで、お客様も従業員もクスんだ目が澄んでいくのがわかりました。
この体験から 理想の自分は、かずみんの在り方・やり方の先にあるような気がするので、音声を1から聞き直しています。』
——————————————-

こちらの方はセミナーの参加だけではなく、過去に開催したグループコンサルティングへの参加と音声教材を購入してくださいました。でもやっぱりね、私の勧める方法は付け焼き刃的な方法論ではなく根本的な在り方論なので、欲求に真っ直ぐな男性には実践しにくいことだと思います。

かずみん
きっと過去のやりとりでは素通りしていた部分もあって、それを今回のセミナーで何か気づいてくださったんでしょうね。ありがとうございます。

私は小手先のことももちろんお伝えしていますし、それはすぐに実践でき、人からも気づいてもらえることですが、やっぱり最後は人と人は向き合い方です。どう先手をとるか?どうやって二人の空気を優しくリードしてあげられるか?これをスムーズにするには、アナタの良かれと思ってしてきたことの根っこのズレから直していく必要があるんです。

だってさ、せっかく相手のことを思ってしていることなのに伝わらないって悲しいやん。
だから私がその思いを相手に伝わるように矯正するお手伝いをしていきます。

だからこそ、私に会いに来てほしいのです。

もちろん会わずに直していくというのも可能ですよ。

実際に10年ぐらい彼女がいなくて愛された経験がなかった非モテ男性が、私のコンサルティングを受けて美人で明るい年下彼女ができた上、無駄にモテるらしいので^^
(あ、この人はコンサルティング中かコンサルティング後に一度お会いしてましたw)

すぐに「やりたい、ハメたい、持ち帰りたい」のもわかりますが、それならば手っ取り早いやりたガールを見つければいいだけです。(外見と言動さえ気をつければ簡単に望みは叶います。もしくは潔くお金を払ってお願いしたらOK)

でもそうではなく「純愛をしたい」「愛されたい」「結婚したい」と思うのであれば遠回りに見えるかもしれませんが、私の推奨する”7チャームエレメンツ”(近日お披露目予定)にのっとって脱非モテ、誘われ男子を目指してくださいね^^

ABOUTこの記事をかいた人

恋愛トレーナー、 セミナー講師。元No.1ホステスとして合計40000人以上の男性との対話に加え、 1日40人とLINEやメールでのコミュニケーションを5年間体験。「デート3回目までに決めましょう」のような付け焼刃メソッドに違和感を持ち「女性の感情に寄り添った応用力のあるメソッド」「やり方より存り方、方法より思考」といった独自の信念に基づく理論で非モテ男性を『女性から誘われる男性』に作り変えることを得意としている。より詳細な情報はこちら。